徳島市の内科・循環器内科|循環器専門医・超音波専門医・心臓・不整脈・狭心症・高血圧・動脈硬化・生活習慣病・エコー検査・検診

皆様が健やかで快適な生活が送れますように、循環器の専門医として、
また、かかりつけ医として、一緒に予防、治療に取り組みます。何でもお気軽にご相談下さい。

徳島市寺島本町東3-10

モバイルサイト

右のQRコードを読み取って携帯サイトにアクセス

 

トップページ»  診療案内

診療案内

診療時間

時間/曜日
午前9時~正午 診療 診療 診療 診療 診療 診療
午後2時~4時半 訪問
診療
診療 訪問
診療
訪問
診療
診療
午後4時半~6時 診療 診療 診療

日曜、祝祭日、木曜日午後 休診
 

検査内容

血液検査 採血をしておこないます。血液は体内中を巡っているため、血液検査から、さまざまな情報を得ることができます。生活習慣病のように自覚症状が現れにくい病気の場合、自覚症状が現れた時には病気が進行していることが多くあります。血液検査をすることにより、病気の早期発見、早期治療が可能になります。
尿検査 検尿をおこないます。尿中のたんぱく、糖、潜血などによって、腎臓病、糖尿病、尿路感染症、尿路結石などがわかります。
血圧測定 血圧が高く維持されている状態を高血圧と呼びます。高い血圧は血管や心臓に強いストレスを与えます。その状態が長く続くと血管や心臓に大きなダメージを与え、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などを引き起こします。病院で測定するのに加え、家庭での定期的な測定が大切です。
心電図検査 心臓の電気的変化を記録して、その波形から病気を診断する検査です。狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈、心肥大、心膜炎、動脈硬化症などを発見できます。
負荷心電図検査
(マスター法、トレッドミル法)
2段の階段を昇り降りしたり(マスター法)、ベルトコンベアーの上を歩いたりして(トレッドミル法)一定の運動を負荷した状態で心電図を調べます。平静時には異常がなく、運動時に発作の起きる狭心症などの虚血性心疾患や不整脈が疑われる場合におこないます。
運動許容量、心臓病の重症度、治療効果を調べるためにおこなうこともあります。
24時間(ホルター)
心電図検査
小型心電図を装着し、1日普段通りの生活を送っていただきます。(入浴はできません。)
翌日病院で器械を取り外し、解析を行います。 早朝や夜間に異常が多く現れる型や、短時間の心電図検査では発見できない型の不整脈や狭心症を発見することができます。
また、治療効果や心臓ペースメーカーの作動状況を確認するためにもおこないます。
超音波(エコー)検査 プローブという小さな装置を体の表面にあて、そこから発せられる超音波を使って体の内部を調べます。長所は、CTのような放射線を使った検査と違い、被曝がないので繰り返し検査をしても体に害がないこと、体の外から心臓や腹部、血管などの状態をリアルタイムで把握できること、検査の際に痛みがないこと、食事制限の必要がなく、いつでも検査可能なことなどです。しかし、肺や胃、腸などの空気を多く含む臓器の検査ができないことが短所としてあります。 エコー検査は、心臓の精密検査や経過観察に欠かすことができない他、自覚症状が少ない動脈硬化や腫瘍を発見するのにも役立ちます。
当院では、超音波専門医の医師が、用途に合わせて、数台の超音波検査機器を使い検査をおこないます。
 
【心エコー検査】 心エコー 心臓の形態・性状(大きさ・壁の厚みなど)や心臓の動きなどの観察に加えて、心臓内の血流の状態、心臓の弁の異常、逆流や狭窄の有無などがわかります。

[発見または危険性が判断できる病気]
・先天性心疾患 ・心筋梗塞 ・心筋症 ・心膜炎 など
【頸動脈エコー検査】 頸動脈エコー 頸動脈は心臓から出た血液を脳に送っているため、脳と心臓を映す鏡です。検査により、頸動脈のつまり(狭窄の)具合や動脈硬化の程度、血液の流れる様子がわかります。また、動脈の血管の壁の厚みを測定することができます。

[発見または危険性が判断できる病気]
・動脈硬化の進行度 ・脳梗塞や心筋梗塞の危険性 など
【腹部エコー検査】 肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓、副腎、前立腺、膀胱などの形や大きさ、腫瘍、石、炎症、腹水の有無などの診断ができます。

[発見または危険性が判断できる病気]
・腫瘍 ・胆石 ・腎結石 ・脂肪肝 ・肝炎 など
【下肢静脈エコー検査】 足の静脈の血液の流れる様子や血栓の有無がわかります。また、心臓・下肢バイパス手術の術前にも行う必要があります。

[発見または危険性が判断できる病気]
・深部静脈血栓症 ・下肢静脈瘤 など
血圧脈波検査 動脈硬化の程度を調べる検査です。両手両足首に帯を巻き、それぞれの血圧を測定します。
通常の血圧測定と同じように帯がふくらむことで手足が締まる感じがありますが、測り終えると元の状態に戻ります。
血管の硬さ(血管年齢)を調べるPWVと血管の詰まり具合を調べるABIを測定します。測定時間は3分程度、所要時間は10分程度です。
PWV 心臓から出た血液による拍動(脈波)が手や足まで届く速度(脈波伝播速度)のことです。
脈波は、柔らかいものを伝わる時にはゆっくりと、硬いものを伝わる時には速くなりますので、脈波の速度を測定することで動脈の硬さがわかります。
ABI 足首の最高血圧と上腕の最高血圧の比(足首の最高血圧/上腕の最高血圧)です。
通常であれば、足首血圧は上腕血圧より少し高くなりますが、足の動脈が脂質等で狭くなると血流が悪くなり足首の血圧が下がります。ABIが正常値よりも低い場合は足の動脈が狭くなったり詰まっている疑いが、高い場合は血管の壁が硬くなっている疑いがあります。
胸部X線検査 肺や、気管・気管支、胸膜などの異常を見つけたり、心臓の形、大きさを見ることができます。
肺機能(呼吸機能)検査 スパイロメーターという機器を使い検査をおこないます。初めに大きく息を吸い込んだ後、口にチューブをあててできる限り強く息を吐き出します。肺気腫などの肺の病気、COPD、気管支喘息などの診断、治療効果判定がおこなえます。肺年齢も調べることができます。
血小板凝集能検査 採血をして、血小板の機能が正常に働いているかどうかを調べます。血小板は、血栓性疾患の発症や動脈硬化の成因に深く関与していることが分かってきています。
ピロリ菌検査 胃の中にピロリ菌がいるかどうかを検査します。ピロリ菌がいた場合にはピロリ菌の除菌をおこない、その後除菌できているかどうかを再度検査します。ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの原因のひとつと考えられています。
【尿素呼気試験法】 検査薬の服用前と服用後に検査専用パックに息を吹き込んで検査をします。簡単に受けられるうえ、最も精度が高い診断法とされています。
【抗体法】 血液や尿を採取して検査をします。

 

 

健康診断・検診

 特定健診

 糖尿病などの生活習慣病の予防のために、その原因とされるメタボリックシンドロームに着目しておこなわれる検診です。

 *特定健康診査受診券をお持ち下さい。

  • 対象者・・40歳以上75歳未満の方で徳島市国民健康保険に加入されている方。

  • 検査内容・・問診、身体計測、血圧測定、血液検査(肝機能・中性脂肪・コレステロール・血糖・ヘモグロビンA1c)、尿検査(尿糖・尿たんぱく)

 徳島市検診

 *検診受診整理券をお持ち下さい。費用は税込み価格です。

  対象者 検査方法 費用
大腸がん検診
40歳以上
免疫便潜血検査2日法
(初めに専用容器をお渡しします。3日のうち2日分の便を提出して下さい。)
500円
または無料*(1)(2)
もの忘れ検診
40歳以上
問診(10項目)
無料

肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検診を受けたことがない方又は、受けていても感染に不安のある方
血液検査
無料

前立腺がん検診

50歳以上
血液検査
1,000円
または500円*(1)
または無料*(2)

*(1) ①70歳以上の方
       ②65~69歳で後期高齢者医療保険証を交付されている方
       ③市民税の均等割と所得税が課税されていない世帯の方

*(2)   生活保護法による被保護世帯に属する方

 健康診断

健康の維持、疾患の予防、早期発見のため定期的に受けられることをお勧めします。
学校や職場の検査で異常があった場合の再検査もおこなっています。

 事業所健診

事業所の必要な検査項目に応じて健診をおこないます。

予防接種

  内容 費用

インフルエンザワクチン

インフルエンザにかかりにくくし、かかった場合の重症化を防ぎます。予防効果は接種後2週間目頃からあらわれ、5ヶ月間程度続くとされています。

1回 3,000円
(徳島市在住の65歳以上の方は1,900円です。運転免許証などの身分証明書をお持ち下さい。他市町村の方は市町村によって異なります。詳しくは窓口までおたずね下さい。)
または無料*(2)

肺炎球菌ワクチン 

肺炎球菌による肺炎、髄膜炎、敗血症などの発症、重症化を防ぎます。肺炎にかかりやすいうえ症状があらわれにくい高齢者や、基礎疾患のある方は受けるのが望ましいです。

1回 6,000円
定期接種対象者*(1)は4,000円
または無料*(2)

帯状疱疹ワクチン  

帯状疱疹は皮疹や痛みを生じ、皮疹が治った後も痛みが長期間続くことがあります。このワクチンは、帯状疱疹の発症を予防し、発症しても帯状疱疹後神経痛を軽くします。厚生労働省が50歳以上の成人は接種するよう勧告しています。

1回 6,000円

*(1)定期接種対象者とは、今まで肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方のうち、
    平成30年度までの間は65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の誕生日を迎える方。
    平成31年度からは接種日当日に65歳の方

*(2)生活保護法による被保護世帯に属する方

※費用は税込み価格です

   

栄養相談・指導

糖尿病や高血圧、脂質異常症の治療には、バランスのよい食事と、適切な運動が欠かせません。
管理栄養士が患者様やご家族の方と直接向かい合い、食事について分かりやすく説明いたします。食事に関してわからないこと、不安に思われていることなどがありましたら、何でもご相談下さい。
ご希望の方は受付、または診察時にお申し出下さい。

詳しくはこちら>>

禁煙外来

禁煙 健康保険などを使って禁煙治療をおこないます。
治療にはニコチンを含まない飲み薬(チャンピックス)を使用する方法と、ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)を体に貼る方法があります。
飲み薬はニコチンを含まないため、従来に比べて、イライラするなどのニコチン切れ症状が軽く済みます。

健康保険などが適用されるには以下の4つの要件を満たしていることが必要です。

1. ニコチン依存症を診断するテストで5点以上
2. 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上
3. 1か月以内に禁煙をしたいと思っている
4. 禁煙治療を受けることに文章で同意している

禁煙受付で問診表に記入していただきます。(プリントしてお持ち下さっても結構です)

禁煙はいろいろな病気を引き起こします。健康な体を維持するために、一緒に禁煙に取り組みましょう。

詳しくはこちら >>

 

TOPへ戻る